2009年05月10日

映画「GOEMON」

ここ最近見た中では、一番良かった映画。
個人的には、聞かれない限り映画を薦める事は
あまり無いんですが、これは是非見に行って欲しい。

兎に角、(衣装を含めた)映像が素晴らしい。
所々は本場のCGに比べるとある種の「粗さ」は
あるものの、色彩に関しては文句のつけようが無い。

goemon.jpg

ストーリーは定番と言えば定番の流れで、スピード感も
あるので、映像に集中できます。
あくまで映画なので、史実がどうとかは無しで。

さんざん映像が良いと書いていますが、ある意味
独特だと思いますので、好き嫌いはあると思います。

僕は見ていませんが「キャシャーン」や宇多田ヒカルの
プロモーションビデオが苦手な人は、今回も苦手かも。
posted by ゲンタ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽、映画、本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119086216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「GOEMON 」前作CASSHERNから進歩が見えた
Excerpt: 「GOEMON 」★★★ 江口洋介 、広末涼子 、大沢たかお 、ゴリ 主演 紀里谷和明 監督、2008年、128分 「石川五右衛門の話をベースに 大胆に脚色し、歴史上の人物も ..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-05-22 00:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。