2009年09月20日

J2 第39節 セレッソ大阪VSファジアーノ岡山

C大阪 3−1 岡山 (19:03/桃スタ/11,541人)
得点セレッソのみ:香川、黒木、乾

試合詳細 [J's GOAL]
レヴィークルピ監督(C大阪)記者会見コメント [J's GOAL]
手塚聡監督(岡山)記者会見コメント [J's GOAL]
試合終了後の各選手コメント [J's GOAL]


甲府戦に続き、フォーメーションは4−3−3。
決定的なピンチはあるものの、全体では比較的
安定した試合運びが出来る。

特に、藤本が良い。
急にサブにも入らなくなったと思ったら
いきなりのスタメンで、活躍。

いいっすねぇ。

前半は、どこかのカミカゼジャパンの様な
ハイペースで飛ばす岡山の守備に苦しむも
後半は、立て続けにゴールを決めて試合を
決める。

シンジの4戦連発と、黒木のミドル、乾の
久しぶりのゴール。

湘南戦に向けて、いい感じになってきました。

ただ、試合を閉められ無いのもセレッソらしい。
終了間際のドタバタから失点。

なんとも後味の悪い勝利となりました。

次回は昇格を争う湘南戦。
今期は2度も負けているだけに最後ぐらいは
この顔をさせないようにしたい。
posted by ゲンタ at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ(セレッソ大阪など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128425645
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。